2018年2月22日木曜日

BRM1006広島 須波・四国1000kmはDNF その5(PC1まで編)

さて、今回の装備。
自転車はいつものウノさん。
前回までに書いた通り、今回からR8000アルテに換装済みだ。
服装は上がラファのブルベジャージ半袖。
そのアンダーとしてモンベルのスーパーメリノウールLWの長袖を。
下はラファのブルベビブショーツとパールイズミのレッグカバー。
雨具はモンベルのゴアテックスレインジャケットとスーパーストレッチレインパンツだ。
ね、みんなモンベラー

雨具のこの組み合わせはブルベエ定番だ。
色や年式は違えど半数以上が使っているのではなかろうか。
とくにスーパーストレッチレインパンツは伸縮性がある生地なので、ペダリングをしやすい。
ゴアのパンツに比べると半額近いのもありがたい。
とはいっても、1万円は超えるが。
靴は愛用のSPDシューズ。
これを白色のポリ買い物袋でカバーする。
足元はビニルテープで固定し、雨が入らないようにする。
その上からモンベルのサイクルレインシューズカバーを装着する。
モンベルのカバーはパンツと同じ、ストレッチ生地なので履きやすいのがいい。
ただ、つま先の形状がロード用の細目シューズ向けなのか、SPD用の先が丸いシューズだと、うまくはまらず、しばらくすると浮いてくるのが難点なのだ。
ちょくちょく直さないといけないのが手間なのである。
この点は改良してもらいたいなあ。
今回、この装備で雨の中を6,7時間は走ったのだけど、シューズの中への浸水はなかった。
足が濡れないというのは実に快適だった。

須波から海岸沿いを北上していく。
雨が降り続く。
右手に瀬戸内海。
風が強いので、白波が立っている。
向かう先には灰色の雲ばかり。
どよ~~ん

風は現在のところ、向かい風だ。
ま、北へ向かっているのだからやむを得ない。
ヘルメットをかぶって、その上にフードをかぶせていたけど、風が荒れているので、風をはらんですぐめくれてしまう。
これは失敗だった。
後でフードをしてからヘルメットをかぶるように変更した。
もちろん薄手のサイクリングキャップをしているのだが、雨脚が強い時には、フードをかぶって、雨が頭に当たらないようにしたほうが快適だ。
雨がじかに皮膚にあたるのはそれだけで、体力を奪われる。

三原市内に入る。
よく見知ったコースなので、安心できる。
まだ序盤なので、信号に引っかかるたびに、ほかの参加者と一緒になる。

三原から尾道へ。
相変わらず、雨脚は強い。
平日の午前中とあって、車も多く、それなりに気を遣う。
快適巡行というわけにはいかないな。

尾道市内に入る。
U2やら改装中の尾道駅を横目に通過し、尾道大橋を渡る。
尾道城、解体されるんだってさ

尾道大橋は狭いので、渡船を使ったほうが安全だし、楽しいのだが、コースの指定がこうなっているのでしょうがない。

向島へ。
安定のしまなみ海道である。
世界のサイクリストを魅了してやまないこのサイクリングロードが、序奏にしか過ぎないとは、1000キロブルベのなんという贅沢さか。

この辺までくると、前後を同じ人が走っていることに気づく。
「あ、この人また見た」って感じね。
脚が合っているのだろうね。
お仲間たち

という流れで、今回ご一緒させてもらったのが、千葉から来たMさん。
各地のブルベを転戦しているベテランランドヌールである。
わしよりも年上だったような。
なんと年間参戦回数が20回以上にもなるという猛者だ。
たぶん20回だったと思う。
うろ覚えですいません。
おそらくシーズン中はほぼ毎週参戦されているのではないだろうか。
今回の道中、いろいろとご心配をおかけしました。
この場を借りて厚くお礼申し上げます。

で、Mさんと一緒にしまなみ海道を行く。
向島から因島に渡る。
いつもはうっとうしい屋根付きの橋だが、雨の日はうれしく思えるという。
Mさんは彼の後ろに見えますね。

ブルーライン沿いなので迷うことがないのがありがたい。
雨が相変わらず続いているのがアレだが、この辺で徐々に小降りになってきたような記憶がある。
ちょっと小降りになった?

せっかくのしまなみ海道。
わざわざ関東から遠征に来ていただいたのだから、ホストクラブ(なんか変)の一員としては、ぜひもてなしたい。
そういえば3月のブルベで食べた瀬戸田のたこめしがうまかったよな~。
控えめに言って、最高でした !(^^)!

よし、あそこを案内してあげよう。
Mさんにもその旨伝えてペダルを回す。
目標ができると心に張りができる。
足にも力が入る気がしたような・・

ジェラートで有名なドルチェはきょうは素通り。
海岸沿いから街中に入る。

ほら、右前に店が・・・
なんか寂しい感じが。
えっ!きょうは閉まってるじゃねえか!
平日の昼間なのに?
がっくし。

あああ、たこよう。たこよう。たこよう。
これはショックが大きかった。
が、気を取り直して進む。
もう少し行けば、瀬戸田の商店街がある。
そこで一息入れよう。

というわけで、コロッケでおなじみの岡哲商店へ。
相変わらずにぎやかな店頭である。[
説明過多な店頭

揚げたてをいただき、たちまちエネルギーチャージ!
熱々は正義

ってもう12時50分だから、そろそろ昼食にしたい。
次の島に渡ると、道の駅があるので、そこで昼食にしますかな。
多々羅大橋の手前で記念撮影。
へそが出そう

橋を渡って、道の駅に進む。
サイクリストの聖地があったりするけど、本日はパス。
お、ケンセーさんたちやないですか。
ケンセーさん(右)と遭遇

ちょうど昼食を終えて、出発するところだったみたい。
また会いましょう!
ここでは屋外のフードコートで今治名物の焼豚玉子飯をいただく。
そういえばまだ現地の店で食ったことないなあ。
今治は何回も通過しているのにね。
道の駅でいただく焼豚玉子飯。本場の一杯も食べてみたい

腹が満足したので、また走り出す。
大三島から伯方島へ。
そして大島へ。

この辺の海峡は潮の流れが速い。
川のようだ。
左が海峡。潮の流れが速い。

大島から来島海峡大橋へ。
小降りになっていた雨がふたたび強くなってきた。
雨なので写真を撮るのも一苦労。手袋は安定のテムレスですね!(^^)!

Mさんと四国の地を目指す。
今は雨だけど帰路、晴れていたら最高ですからこの道。
一緒に戻ってきましょう!
てなことを思っていたのも今は昔。

四国の地に入る。
午後3時20分、雨降りしきる中、わしらは95.84キロ地点のPC1セブンイレブン今治波止浜店に到着したのだった。
PC1に到着


つづく。

2018年2月14日水曜日

BRM1006広島 須波・四国1000kmはDNF その4(出発編)

どうもたっかんです。
おひさしぶりです。
もやもやグダグダしていたらいつの間にか年が明けて、2月になっていました。
って、3カ月もほっぽらかしていたのね。
まったく申し訳ない。
またぞろのんびり走り始めようかと思っています。
気を長くしてお付き合いのほどを。


で、なかなかブログで走り始めなかったのは、走り始めたらすぐ終わるから(涙)
うう、悲し過ぎるわ。


で、10月6日午前9時過ぎ。
わしは愛車のストリーム号に乗って、三原市須波の須波海浜公園の駐車場にいた。
外はかなり強い雨。
風も吹いている。
ブリーフィングは9時半から。
急いで準備せんと。
気ばかりあせるが、狭い車内で雨具を着るのは結構な大仕事である。
ああ、もっと早く家を出ていれば良かった。
雨を甘く見ていた。
誤算だったのが、本郷ICから三原市内までの渋滞。
この日は金曜日。
雨の日って通勤の車が増えるんだよな。
最近は朝、車に乗って通勤することがないのですっかり忘れていたわ。


ともかくなんとか着替える。
ブリーフィング会場は駐車場ではなく、道路を挟んだ、みはらし温泉の駐車場。

屋根があるので濡れずにすむのがありがたや~~。
みんな準備に手間取っていたので、説明は10分ほど遅れて始まった。


いやあ実は今回、スタッフによるいろいろな仕掛けが準備されていたのよ。

インスタグラム用の撮影フレームとか。


ドロップバッグ制度とか。(ありがたや~。結局使わんかったけど)


ドロップバッグカーのラッピングとか。
こなきさん作らしいでっせ(撮影・こなきさん)

頑張っているね~


AJ広島スタッフの1000キロにかける情熱がひしひしと伝わってくるよね。


今回は日本全国津々浦々ばかりか、オーストリアからのエントリーもあり、いつもよりにぎやかな雰囲気だ。
74人がエントリーされて47人が出走したという。
1000キロ75時間もの長旅ともなると、出走に至るまでの道のりも半端ではないのよね。
さまざまな家庭やら仕事やら、様々な峠をクリアした人だけがこの場に立てるのだ。
撮影お願いします!


さて、わしも副代表の車検を受け、こなきさん、くるぱんさんから荷物のタグをもらい、ハイエースの荷室に積みこむ。
次に会うのは、PC3の梼原か。
待っていていてくれよ。
T代表の説明を聞く。
内子から150キロはほとんど補給ポイントがないこと。
夜の四国カルストの下りは路面が悪く、コースを間違えやすいこと。
などなどなど。


準備は整った。
まずはみんなで記念撮影。
ヘンタイ集まれ~(撮影・こなきさん)


この中の何人が須波に戻ってこられるのだろう。
ぜひ、ここに帰ってきたい。たどり着きたい。


午前10時、出走の時が来た。
風雨が収まる気配はない。
T代表の合図とともに、ブルベエたちが走り出す。
わしもサイコンの始動を終えた。
はるか1000キロへの道のりを漕ぎ出す。
じゃあ、行ってきます。

つづく

2017年10月29日日曜日

BRM1006広島 須波・四国1000kmはDNF その3(下見編)

ハード面はこれぐらいにしてソフト面も。
ソフトといっても心構えの話ね。

今回の1000キロでもっとも大切な場所と位置付けていたのが、最初の夜に通過する四国カルストの山々だ。
標高1400メートルにもなる場所を、深夜に走るという鬼のようなコース設定。
まじか。
深夜でしゅよ。深夜。
標高1400メートル。
西中国山地の最高峰、恐羅漢山(1346メートル)よりも高い。
昼間ならとてつもない絶景が広がっているであろうその場所を真夜中ですよ。真夜中、ミッドナイトですよ。
そんな時間に通っていいんですか。
運が良ければ満天の星空の中を、運が悪ければ五里霧中ですよ。
駄目でしょう。
ま、コースがそうなっているのなら仕方がない。
分かってはいるけど、納得はできない。


なので、行ってきましたよ。下見に。車で。
たまたま9月末に連休があったので、思い立って午後3時過ぎにストリーム号で自宅を出発。
この子なら車中泊ができるので。
宿も取ってないし。
山陽道からしまなみ海道、松山道を通過。
内子から一般道を通り、午後8時半ごろにPC3が設置される高知県梼原町の道の駅ゆすはらに到着した。
雲の上ホテルの夜景。おしゃれだね~

片道300キロのドライブ。
やっぱ遠いや、四国は。
その日は、ゆすはらの道の駅にある日帰り温泉に入って、駐車場で車中泊した。
実は梼原だが、今年のBRM503の600キロで郵便局前で通過チェックがあった場所なのだ。
道の駅周辺も通ったはずなのだが、翌朝見ても風景にまったく見覚えがなかった。
まあ、あの時通ったのは明け方だったしねえ。
梼原の町並みも確認した。
コンビニはヤマザキデイリーストアがあり、深夜12時から午前6時まではお休み。
午前6時以降は使えるから、わしの脚ならちょうど開店しとる。
隣にはブルベエ大好きコインランドリーがあり、畳スペースもある!
おお、こいつは使えるかも。
温泉も露天風呂があり、なかなかのもんでしたよ。


翌日は午前5時には起床。
BRM503で通った国道440号を上り、四国カルストのとっつきに向かう。
登り口は地芳トンネルの手前の茶屋付近にあった。
登り口が標高670メートル前後。
そこからさらに上る。
ぐねぐねとした狭い山道。
車だと楽々登れるが、斜度も結構あるようだ。
うひゃあ。
早朝なので、ほかの車と行き交うことはない。
どんどん高度は上がっていく。
民家発見!


で、こんな場所にも人家があり、暮らしがある。
朝早くからお邪魔します。
空の明るさが増す

だんだんと景色が開けてくる。
看板が・・
まだ10キロあるの?


え、まだカルスト最高地点の天狗荘まで10キロあるの・・・
燃える山肌


正面の山に朝日が当たる。
カルストらしく、白っぽい岩々がところどころに見える。
気温はわずか8度!


気温は8度。寒そうだなあ。


ようやく地芳峠の分かれまで上がった。
この地点で標高約1100メートル。
地芳峠の看板

とっつきから400メートル以上上ったことになる。
これだけで下手な峠一つ分だよ。
もう少し上ると、景色が広がってきた。

カルストとススキと


風は冷たい。
ススキはその風に揺られている。
向かいの山。
さっき下から見上げた山だな。
頂上付近がみごとに草原。


もう少し進む。
レストハウスもある高原「姫鶴平」だ。
景色がさらに大きく開ける。
朝日が昇る

レストハウスには自販機がある。
上ってきて、余裕があれば温かいコーヒーでも飲みたいな。
この付近で標高約1300メートル。






太陽も上がってきて、生の日光を浴びせかけてくる。
四国の山々の連なりが一望できる。
荒々しくもたおやかな瞬間。
稜線を吹き抜ける風は、結構強く感じるのだが、風車のプロペラは回ってはいない。
さらに進む。
道の右手の南側の斜面が牧場になっていて、柵が設けてある。
そのはずだが、柵の外でも大きな牛が草を食んでいる。
草もぐもぐ

あれに衝突するとやばいな。
柵の内側でもお食事中だったり、休憩中だったり。
まだ朝だよ~


モーちょっと休モ~よ

朝日の中を進むバイク。
バイクさんおはよう

車が行く

時折、車も通る。
この時間に来て、本当に良かった。
そう思える景色だった。


道はさらに続き、上っていく。
正面の山塊に向かっていく。
朝日がまぶしい。
坂は続く



広々とした風景の中だとわかりにくいが、結構きつい斜面だ。
真夜中にここを上るのか~(上らかなかったけど)

振り返る。
おお、すごい風景だ。
これはすばらしい。


岩ごろごろ

朝日に光る

ススキとカルストと朝日と。
ほんまにこの時間に来られてよかった。

牛さんオッス!

まぶしい

逆光のススキ

カルスト地形くっきり

さらに逆光のススキ


四国カルストの最高点に近い天狗荘が見えてきた。
ここがピーク。標高1430メートルにもなる。
天狗荘ハッケン!


駐車場には結構車がいた。
車中泊らしき車もちらほらいたかな。
駐車場にはちょこちょこ車が


一息入れて、道を下る。
ここから梼原のPC2まではほぼ下りのはずだ。
下り坂はきつく、路面も荒れている。
当日は注意しておりないとね。☜結局おりませんでしたが(^-^;)


途中間違えやすいカーブを曲がり、大規模林道へ。
3桁国道よりも、道がいい。
上り返しになるのだけど、結構きつくて長い。
ここは心折れそうになるなあ。
要注意だ。
ピーク付近にはトンネルがあり、その手前に「フォトスポット」という休憩ポイントがあった。
腹が減ってきたので、ここで朝食。
はるかカルストを望む

午前7時のデイキャンプ

温かいものがうまい

さっき通った四国カルストを遠目に眺めながら、昨夜買ったぶっかけそばのつゆをコンロで温めて、そばにかけていただく。
冷えているので、温かいものがうまかった。
これ結構な上りやで

はるか眼下の谷間に集落


トンネルを越え、山を下る。
ピークのトンネル

ようやく国道197号に合流する。
ここを右折。
下るとゲートが

また坂を上り、風早トンネルを越える。
600ブルベで通ったはずだが、記憶にない。
トンネルへ上る


越えたところが道の駅ゆすはらだ。
戻ってきた。
空が青いわ


実に厳しい区間だった。
下見をしてよかった。
これで本番を走る心構えができた。(結局走らなかったが)
ちょっとしゃれたコーヒーショップ

うまいね


道の駅にあった若夫婦がやっているコーヒー店で一杯。
挽きたてでうまかったなあ。
「来週の土曜未明に店開けてたら、自転車のお客さんたくさん来るかも」と教えてあげたけど、どうだったんだろうwww
満足した。
まだ9時台だけど、帰ることにする。
地芳トンネルの向こうは、内子までコース前半をたどって帰ってみるか。


再び梼原の町を過ぎて、国道440号を地芳トンネルに向かう。
うちのストリーム君のHDDナビにはトンネルは存在していなかった。
2010年に開通したらしいので、うちの地図が古いんだね。
梼原方面からカルストを望む


トンネルを越えると高知県から愛媛県久万高原町に入る。
しばらくはだらだらとした下りが続く。


深い山。深い谷。
そして道があり、人が住む。
四国の山の懐の深さを思い知る道だ。
山肌に集落が広がる


途中見つけたバス停。
「ごうかく」とは縁起がいいね。
しっかりとした造りなので、一息入れるのもよさそうだ。
立派なバス停


内部の居心地も良さそう


山肌にへばりつくように建つ家。
高度感がすごい。
天空の集落


そしてはるか下を流れる川。
仁淀川の上流にあたる面河川のようだ。
眼下には清流が流れる


ジェットコースターのようなトンネルを下り、ようやく谷に下りる。
本番で通過チェックになる道の駅みかわの前を通過する。
ん?蛍光ベストを着用したランドヌールらしき二人組が・・


話しかけてみると、なんとブルベ業界有数の武闘派として知られるAJ岡山の代表さんと、AR四国の副代表さんとな。
フラペにトゥクリップだと

熟練のハンドル回り。サイコンを照らす工夫がすごい

なんでも岡山の設定したSR600四国山脈を走っているとか。
「今回は撮影ツアー。いい写真を撮って、みんなに参加してもらうの」ということだそうで。
颯爽と走っていくお二人。
いってらっしゃ~い

頑張って!


頑張ってください!
道の駅みかわを出発。
国道380号を西へと向かう。
だらだらとしたのぼりが続き、標高590メートルの真弓トンネルを過ぎる。
それまでは2車線の走りやすい道だったのが、途端に狭い山道になる。
トンネルを越えるとそこは坂道だった。
ってな感じ。全然違う。
内心冷や汗をかきつつ、峠道を下る。
交通量が少なく、離合に気を使わないでよかったのが救いだ。
本番ではこれを上るのか・・(結局上らなかったけど)
カルストの手前で見過ごしがちだけど、結構な峠だよ。ここ。
良かった。下見をしていて(役に立たなかったけど)


ふもとまで下ると、道は再び2車線に戻る。
内子町の手前の小田という町で、道の駅に立ち寄る。
飲食店発見

奥にうどん屋さんが。
どうやらこの界隈、たらいうどんが名物らしい。
たらいうどんキタ!


当然頼む。
つるつる。
おいしゅうございました。


この後は内子から高速道路に乗った。
当然のようにしまなみ海道を通って帰る。
来島海峡大橋。さよなら四国


夕刻には自宅に到着。
ん~、いい下見だった。
コースのアップダウンをある程度分かったのが大きい。
本番への心構えができた。
そして何より、カルストの絶景も見られた。
これで真夜中に走っても悔いることはない。
あとは本番だ。
と思っていましたよ。
この時は。
はあ。
まさかDNFって・・・
はあ。


ということで2回に分けてお届けした準備編は終わり。
次回から実走編に入ります。たぶん。

つづく