2017年10月5日木曜日

道の駅グルメライド in 中国山地2017 その3(完)


たたらば壱番地をスタートしたわしとケーキさん、セロリさん。
今回、先頭を引くのは不肖わたくし。
先日あったノダカナ様バースデーライド以来、エスコートにはなぜか妙な自信を持ってしまい、今回も担当させていただいたのだ。
基本、無理せずに平地でも30キロ以下、軽めのギアで走ることを心掛けているので、結構みなさんに好評なのであった。


左折して国道54号に合流する。
ここからはだらだらした上りが当分続く。
路肩には自転車通行表示が、きちんとマークされている。
これは走りやすいわ。

自転車で走ることを、公的機関が承認してるってことだもんね。
しまなみ海道と同じで、実にありがたい。
しかもやまなみ街道の開通で通行量が激減。
走りやすいことこの上ない。


坂はじわじわと続く。
わしらはそこそこのペースで進んでいく。
時に抜かされるけど、抜かすほうが多かったなあ。
セロリさんはきっちりついてきてくれる。
これは手抜きできないよね~。
わしもまじめに走るのであった。
暑くなってきた。
いいペースだよね。
少し休んでも罰は当たらないはず。
お、自販機がある。
ちょっと一休みしますか。



わしはリアルゴールドさんを補給した。
後で聞いたのだが、この界隈は自販機が少なく、みなさん苦労されていたようで。
わしらはちょうどいいタイミングで一息入れられたのではなかろうか。


再び走り始める。
ケーキさんがちょっと落ち着いて行こうと仰るので、わしも異議なくそれに従う。



じわじわ。
ようやく、ピークに達した。
途中で休んだおかげで、それほどは感じなかったが、みなさんこのダラダラ坂に結構苦労されていたようだ。


赤来高原に出る。
このへんの地名は来島というらしい。
左右に田んぼが広がり、空が広い。
県境は赤名峠ですよね~
ああ、赤名と来島で赤来だったのね。


とかなんとか思っていると、左手に第5ASの道の駅頓原(93キロ地点)が。
坂道で疲れたわしらを迎えてくれたのはこれ!
煮豚串!
ひゃっほーい。

脂身とぅるんとゅるんじゃ。
しかも煮豚を軽くあぶってから提供してくれる。
ここにきて、肉弾戦とは。やるなブライト。


しかもそれだけではない。
たこ焼き、ぶどう、アイスという怒涛の波状攻撃が胃袋に攻め込んできた。
もう何がなんだか。



完全に脚より胃に来るライドだわ。これ。
ケーキさんもセロリさんも大満足。


もう余は満足じゃ~。
再び高原の道を走り出す。
道端には白いソバの花が咲き誇る。
蕎麦屋さんもにぎわっていたなあ。


いくつかのアップダウンをこなすと、あっという間に次のAS。
107キロ地点の道の駅赤来高原である。

正直もうお腹一杯である。
だけど、おいしいものが出たら食べちゃうんですよねえ。




トマトスープ、甘いプチトマト、ぶどう、そしてミルクフランス・・
う、食べきれない。
ミルクフランスはバックポケットに詰めて、後でありがたくいただきました。


ここが最後のASかあ。
ほんと、あっという間だった。
あとは出発したゆめランド布野に戻るだけ。
ちょっと寂しい気もするな。


かつてのドライブイン跡を通り過ぎる。


赤名峠への最後の上りが始まる。

そして赤名トンネル。
路肩がそこそこあり、照明が明るいので、結構走りやすい。

トンネルを抜けると、あとはひたすらダウンヒル。


そこそこのペースで下ったのだが、しっかり付いてくるセロリさん。
さすがです。


午後3時、ゴールのゆめランド布野に帰着。



124キロ、お疲れさまでした!
セロリさん、ケーキさん、楽しい一日をありがと~。


締めはジェラート!
ほんと最初から最後まで食べ続けたライドでした。

食べて走って、温かいおもてなしを受けて、中国山地の楽しさを思い知った一日。
本当にありがとー!


で、そのまま帰るのかと思いきや、実は第2部が。
TBCの管理人さんの計らいで、三次のピザレストランでボランティアスタッフの慰労パーティーが。
心配りがうれしいなあ。


わしらは普通に走っただけなんすけどね。
ヴィクトワール広島のみなさんとも交流ができ、実り多い一日でした。

やっぱり県北を走るならTBCジャージじゃね。
そう実感したのでありました。


さあ、次はどこへ走ろうか。
って決まっているんですけどね。

おわり

2017年10月3日火曜日

道の駅グルメライド in 中国山地2017 その2

第1ASを出発したわしら。
じわじわとした上りが始まる。
もっとも川沿いなので、傾斜がそれほどきつくないのが幸い。
出発してまもなく、庄原市口和に入る。
肉牛の産地として知られる地域だ。
件のモーモー像のそばを過ぎるが撮り損なった。
和牛の里に入る


霧は徐々に晴れてきた。
頭上にはやまなみ街道の高架が走る。

道ばたには豚舎があり、かぐわしい香りを周囲に振りまいている。
くさい?
ブーブー豚舎


ケーキさん、鼻で息するからにおうんだ。
口だけで呼吸するんだ!


道は徐々に狭くなり、きつくなる。
今回のライド中、一つ目の本格的な登坂となる札が峠である。
セロリさん、よろしくです

ここでCAAD12を駆るTBCジャージのセロリさんに会う。
昨年のBRM200キロにも参加され、さとやまソーシャルライドでも上位入賞されている健脚の持ち主だ。
せっかくなのでご一緒することに。
みんなで上っていると、登坂が終わるのも早い、ような気がする。
途中、ガリガリ君があっさりと抜いていった。
今回はTBCジャージではないガリガリ君

間もなく峠のピークに到着。



庄原市高野に入った。
ここは冷涼な気候で、リンゴの産地として有名だ。
公共施設の街路樹がリンゴの木で、実が鈴なりになっているほどだ。
街路樹がリンゴ!奥はグラウンドゴルフ場ね

というわけで第2ASの道の駅たかの(39キロ地点)に到着。
やまなみ街道を使ってドライブに訪れる人たちで非常ににぎわっている。
にぎわう道の駅たかの


ここの補給食はもちろんリンゴ。
リンゴたっぷり

しかも、おばちゃんが「あ~ん」と食べさせてくれる謎オプション付き♡
あ~~ん

津軽っていう品種でした。
ほかほかコロッケもあったよ。
ほくほくじゃね


先発したセロリさんを追っかけて、わしらも出る。
と、ここからの道中で一緒になったのが、大人顔負けのペースで走る小学四年生男子。
サポートのTBC24さん(ごめんなさい名前聞かなかった)の後を頑張って付いて行っている。
フレームサイズの小さな子ども用のロードで、ダウンチューブシフターで変速しながら、きびきびと走る姿は本当にかっこよかったぞ。


霧が晴れ、ようやく青い空ものぞき始めた。
刈り取りを待つ高原の田んぼの中を駆け抜ける。


やがて道の両側に、ススキの穂が揺れる草原が広がる。
秋だねえ。いい一日だねえ。
セロリさん捕捉!

合流した


島根側への峠が近づいてきたところで、ようやくセロリさんを捕捉。
県境を越えて島根県奥出雲町に入る。


快適ダウンヒルじゃ。
そしてあっという間に第3ASのたたら角炉伝承館(55キロ地点)に。
まあ区間距離16キロしかないしね~。
しかも下り基調だし。
少年、速いじゃないか


奥出雲町は、広島かいわいでブランド米として有名な仁多米の産地である。
ここでの補給食攻撃は白米のおむすび!

個数制限など全くなし。
てか、そんなに食べられんし。
だが「仁多米でも標高の高いとこで収穫した新米だよ」とか聞くと、食べないわけにはいかんじゃないですか。
でも二つもらっっちゃった。
白むすび、手作りたくあんを添えて

そしてさらに充実しているのがドリンクコーナー。
わしはコーラをがぶがぶと飲んでいたのだが、お替わりOKで、さらにボトルに詰めてもいいとか。
どんだけ神対応なんじゃ。
わしらの心をどこまでも射止めてくれる、おもてなしだ。


ここではバイクサポート隊の管理人さん・姉御コンビとも遭遇。
道中、おなじみの元気な声で参加者を叱咤激励してくれて、力をもらった。ありがとう。
お疲れです


一休み後に出発する。
もみ殻が山のように積み上げられている。


軽く下ってから左折。
峠越えが始まる。
2車線の立派な道路が次第に絞り込まれる。
いい感じの山道じゃないか。

ピークではスタッフが激励してくれます


峠を越えたと思ったら、なんともう一丁!


ここも良い山道だったなあ。
峠を越えたら、かわいい応援団が。
かわいい応援、ありがとう


こんにちは~。
雲南市吉田町に入った。
あのアニメ「秘密結社鷹の爪」の登場人物「吉田君」の故郷なのだが、伺いしれるものはない。
小学校では運動会を絶賛開催中だった。

昨年秋のブルベで通った時は、玉子かけごはんサミットをやってましたね~。
しばしだらだらと下る。


左折して、ちょっと上ると第4AS、道の駅たたら場壱番地に到着した。
出発してから71キロ。
今回、この区間が一番アップダウンが厳しかったかな。


やまなみ街道の雲南吉田ICに併設された道の駅ね。
今回のライドはここが昼食会場になる。
駐車場を丸ごと使用。
木製バイクスタンドが置かれ、広々としたASだ。



実はたたらば壱番地って、吉田君の家のアドレスという設定だそうな。
ということで、吉田君と記念撮影ができたりする。



ここでの補給食攻撃はつゆだくの「木の葉丼」とプリン。
うまかった。


バナナもあったかな。
ここではバイクスタッフのノッポさんたちとご一緒に昼食をいただいた。



話を聞いていると、どうやら真ん中から少し前あたりを走っているみたい。
偏差値でいうと55ぐらいかしら。
現在地が71キロ地点ということは、あと50キロちょっとしかない。
なんだか食べてばっかだなあ。
まさにグルメライド。
のんびり30分休んで12時ごろにはスタートした。

もうちょっと、つづく。